輸入住宅の仕様について

輸入住宅の仕様について

日本に参入している海外の住宅メーカーには様々な仕様があり、日本とは趣が異なる輸入住宅を供給しています。


主に寒冷地の北欧のハウスメーカーや北米のハウスメーカーなどが輸入住宅のシェアの多くを占めており、その仕様に関しては日本のハウスメーカーよりも優れている点も多いです。
特筆すべき点としては断熱性に関しては日本のハウスメーカーよりも品質が良く、壁の厚みを大きくとることで断熱性を高め、窓のガラスは三重構造になっていたりと、室内の温度を保ちやすくなっています。

住宅の断熱性を高くすると、室内の空気は一定に保ちやすくなり、少ない空調エネルギーで適温をキープすることができるため、光熱費の節約につながります。

あなたに合った島田の輸入住宅情報を網羅した総合サイトです。

日本のハウスメーカーにおいても断熱性を高めた住宅が主流となっていますが、海外の輸入住宅の方が断熱性に関してのスペックは高いので、光熱費の節約を主眼に置く人にとっては北欧や北米のハウスメーカーを選定すると良いでしょう。また、輸入住宅のデザインに関しては日本的な趣とは異なり、カントリー調やモダン調のデザインが多く、外観のデザインにこだわりたい人はどのようなデザインパターンを選定できるかをよく検討することが必要です。

ビジネスジャーナル情報選びをお手伝いするサイトです。

このように輸入住宅には日本のハウスメーカーにはない特徴が多いため、それぞれの違いやコストの比較、メンテナンスサービスの内容などを十分にチェックして、自分が納得できるまで検討することが重要です。